ダイビングでの耳抜き

飛行機で降下してくるとき耳がポーンとして聞こえが悪くなったり、耳に何かが詰まったような感じになったりしたことはありませんか?

高層ビルのエレベーターに乗った時や山にドライブに出かけた時に感じたことがあるかもしれません。

 

こんなときには唾を飲み込んだり、あくびの真似をしたりして耳の違和感をとっていることと思います。

これが「耳抜き」です。

耳抜きいろいろ

耳抜きにはいくつか方法があります。とても変わった方法(でも効果的な方法)もありますのであわせてご紹介します。どの方法が自分に合うか、実際の体験ダイビングで試してみてください。

鼻をつまんで耳抜き

鼻をつまんで鼻をかむ

つまむのは鼻の頭ではありません。

鼻をかむときのようにつまみますが、両方の鼻孔が閉じるようにつまみます。

そのあと、鼻をかむように鼻に息を送り込みます。丁寧に優しく送り込むようにします。

鼻をつまんで唾を飲む

鼻をつまんでゴクンと唾を飲み込みます。

唾を飲み込まなくてもゴクンと動かせるならもちろんそれでも大丈夫です。

鼻をつままないで耳抜き

鼻からフンっと息を吐く

鼻を摘まないでも鼻からフンッと息を吐くだけで耳抜きができる人がいます。

唾を飲む

比較的多くの人が使っている方法です。実際に唾を飲み込まなくても、唾を飲むフリだけでも大丈夫です。

鼻をつまむ方法より耳に優しいやりかたなので試してみてください。

顎を動かす

顎を前後左右に動かすことで耳が抜ける人もいます。

こんな耳抜きもあります

マスクを顔に押し付けてフンっとやる

どの方法もうまくいかないという人に意外と好評なのがこの方法です。

マスクをしっかり顔に押し付け、その状態でフンっとやります。マスクの周りからバフっと空気が漏れますが、耳に適度な強さで空気が押し込まれて耳抜きできます。

 

私は1日中プール講習をしていたことがよくありました。プールに1日入っていると体が冷えて、夕方には耳抜きができなくなってしまいます。このときに思いついた方法です。今でも耳抜きがしにくい時には使っています。最後の手段として使えると思います。

ダイビングの耳抜き

すべての耳抜きに失敗したら

全ての耳抜きに失敗したらいったん水面に引き返すことです。

水面に上がってマスクを外し、鼻をかんで鼻腔内をすっきりさせてください。

その後、マスクをつけてもう一度耳抜きにチャレンジすればきっとうまく行くはずです。

耳抜きの敵は?

  • 前日の飲酒
  • 寝不足
  • 風邪気味
  • 寒さ

体調にを万全にしてダイビングに出かけましょう。

通り池には要注意

体験ダイビングで出かけることはありませんが、宮古島には通り抜けできる洞窟がいくつもあります。

その中でも通り池やミニ通り池、マリンレイクなど、通り抜けた先に池がある場所は要注意です。

 

池から戻る時に耳抜きができなかったら、洞窟を通ってボートに帰ることができません。

そうなったら崖を登ってトボトボ歩いて帰るしかない。(通り池は登れませんけど)

潜降するときの耳抜きにてこずったら、池には浮上しないことをお勧めします。