体験ダイビングにフルフェイスマスク がおすすめな理由

マスクに水が入りにくい

正しく整備され、正しく装着されたフルフェイスマスクにはほとんど水が入りません。

水が入らない理由はマスクと顔の密着によるものですが、マスクとレギュレーター(写真の口元にある黒い呼吸装置)が一体化しているということも大きく貢献しています。


フルフェイスマスク はフリーフローする

ダイバーならだれでもレギュレーターのフリーフローを経験したことがあるはずです。フリーフローはレギュレーターの空気の出口を上向きにして水に沈めると起きる、空気が出っ放しになる現象です。これは故障ではなく構造上の特性というべきものですが、レギュレーターが一体化したフルフェイスマスクでも同様の現象が起こります。そこでこんな実験をしてみました。


最初の場面はフリーフローの説明です。

その後の映像はフルフェイスマスクのフリーフローです。

フルフェイスマスクと額の間に隙間を作ると隙間から空気が漏れ始めます。

漏れる空気の勢いがあるために水は隙間から入ってきません。マスクと頬の部分に隙間を作っても同じ現象が起こります。フルフェイスマスク ではレギュレーターより水面に近い部分であれば、どこに隙間を作っても同じ現象が起こるのです。

フルフェイスマスク 実験

 

次の顎の横に隙間を作っている映像では若干水が入っています。

顎はレギュレーターより低い位置にあるため、フリーフローしにくいこと、顎周りは顔の形によっては隙間ができやすいことが原因と考えられます。被験者になった田中インストラクターは次のように話してくれました。

 

「顎に隙間を作った時は少し水が入りました。でも、入った水は唇までは届きませんでした。息を吐いたら、水は出ていってしまいました。」

 

フルフェイスマスクは水が入りにくく、仮に入ったとしても排気と共に排水される仕組みになっているので、きちんと整備され、顔の形に合っており、正しく装着されたフルフェイスマスクは、事実上、水の侵入はほとんどないと考えて良いと思います。

フルフェイスマスク 実験

確実に呼吸ができる

フルフェイスマスク 実験

 

これは説明する必要がないかもしれません。フルフェイスマスク には呼吸装置であるレギュレーターが一体で装備されていますから、口元からレギュレーターが外れるということが起きません。空気がある限り呼吸は確保されています。

このようにフルフェイスマスクは、初めてダイビングする人の多くが抱える「マスクに水が入ったらどうしよう?」「きちんと息ができるのかしら?」という不安を取り除いてくれる体験ダイビングに最適なマスクだということができます。

 

「体験ダイビング楽しかったね!」という感想が宮古島体験ダイビングの答えだとすれば、フルフェイスマスクを使わない手はありません。