50代仲良しグループ体験ダイビングにチャレンジ!

今日は本当に仲の良い50代の女性チームが体験ダイビングに参加してくださいました。

この方達はお子様が幼稚園の頃のお母さん仲間が中心なのだそうで、それ以来ずーっと皆さんが集まるイベントを定期的に開催してきたそうです。今回はその中のお一人が還暦を迎えられたということで、そのお祝いも兼ねながら、普段とは違うイベントを!とこの旅行になったようです。

 

インストラクターがマンツーマンで付くために、ダイビングチームとシュノーケリングチームの二つにグループを分けて体験ダイビング開始です。

5人のうち4人は初体験ダイビング。フルフェイスマスクだから安心、ということはわかっていてもやはりドキドキします。

呼吸が荒くなってしまいます。

まずは背の立つ深さで腹ばいになり、水中での呼吸に体と心を馴染ませます。

肩の力を抜いて、首の力を抜いて、リラックスリラックス。ゆったり呼吸ができるようになり、体が少し重たく感じるようになったら出発です。

 

すでに周りには青くてきれいなルリスズメダイが群れています。トゲサンゴがいっぱい地面を覆っています。色々な種類のベラが忙しそうに石をひっくり返して獲物を探しています。見渡す限りどこにでも魚がいて、ちょっぴり怖かったことを忘れて見入ってしまいました。

「おーい」と手を振りながらみんなが集まったら記念写真をパチリ。

少しずつ水深が深くなり、耳抜きも試しながら楽しい時間は過ぎて行きました。

今日が4回目のベテラン体験ダイバーさんは「今までで一番良かった」と言ってくださいました。

 

そうでしょう、そうでしょう。

20年近い昔、僕が初めて宮古島で潜った時、一番感動したのが中の島ビーチだったのですから。