PADI ダイビングスクール

期間限定 11月〜3月 丁寧で質の高いダイビングスクールに宮古島で参加できます。

伊良部島マリンセンターで受講するメリット

楽しくて上手くなる

伊良部島マリンセンターのインストラクターは指導歴5年以上のベテランぞろい。宮古島だけでなく国内各地はもちろん、ミクロネシア、北マリアナ、フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシア、モルディブ、フロリダ、オーストラリアなど世界の海を旅してきました。だから、ダイバーにとってどのようなスキルが本当に必要なのかをよく知っています。もちろん世界の海の楽しさも知っています。伊良部島マリンセンターでダイバーになったら、海外に出かけても困ることはありません。

すべてを完備

海、トイレ、シャワー、更衣室、休憩場所のすべてを完備しています。別荘のような使いやすさで快適な一日をお過ごしいただけます。

届くのはゴールドカード

PADIが認めた 5 Star Dive Resort 所属インストラクターの下でコースを修了したことがわかるゴールドカードが発行されます。

宿泊施設あり

コース中は1泊4,000円でセンターの宿泊施設をご利用いただけます。

コースの後は?

コースが終わったらオプションのファンダイビングに出かけましょう。ぜひ水中カメラをお持ちください。

人気のおすすめコース

スキンダイバーコース

マスク・スノーケル・フィンを使った素潜りの基礎を学ぶコースです。PADI認定証が発行されます。

ダイビングライセンス取得

自立したダイバーとしてスキューバダイビングの基礎を学ぶコースです。PADI認定証が発行されます。

リブリーザーコース

ブクブク泡の出ない次世代の呼吸装置リブリーザーの基礎を学ぶコースです。PADI認定証が発行されます。

padi 5star Dive Resort

PADI ダイバーコース

1、概要 呼吸装置を使わず、マスク・スノーケル・フィンという基本装備のみを使って潜るダイバーになるためのコースです。

2、費用 25,000円(税別)

3、日程 半日

4、参加資格 8歳以上

5、習得する内容 スキンダイビングに必要な知識/器材の調整と手入れ/スキンダイビングの技術

1、概要 呼吸体験ダイビングでは物足りない、でも、プロと一緒にしか潜らないというダイバーのためのコースです。最大深度は12mまで。

2、費用 講習費 40,000円(税別)、デジタル教材 $202(PADIサイトで購入)

3、日程 1.5日

4、参加資格 ジュニア 10歳以上、一般 15歳以上

5、習得する内容 スクーバダイビングに必要な知識/器材の調整と手入れ/スクーバダイビングの技術

1、概要 スクーバダイバーがオープンウォーターダイバーにアップグレードするためのコースです。

2、費用 講習費30,000円(税別)

3、日程 1日

4、参加資格 8歳以上

5、習得する内容 潜水計画/追加のスクーバトレーニング

1、概要 プロの監督なしでダイビングをするための基礎コースです。最大深度は18mまで。

2、費用 講習費 55,000円(税別)、デジタル教材 $202(PADIサイトで購入)

3、日程 2.5日

4、参加資格 ジュニア 10歳以上、一般 15歳以上

5、習得する内容 スクーバダイビングに必要な知識/器材の調整と手入れ/スクーバダイビングの技術/潜水計画

1、概要 プロの監督なしでダイビングをするための基礎コースです。最大深度は18mまで。

2、費用 講習費 55,000円(税別)、デジタル教材 $187(PADIサイトで購入)

3、日程 2日

4、参加資格 ジュニア 12歳以上、一般 15歳以上、オープンウォーターダイバー認定

5、習得する内容 潜水計画/浮力調整追加トレーニング/ナビゲーション追加トレーニング/ナイトダイビング基礎/ディープダイビング基礎/DSMB打ち上げ

1、概要 事故がなぜ起きるのか、その原因を知り、自分が事故に遭わないための方法と事故に遭遇した場合の救急隊への引き渡し手順を学びます。

2、費用 講習費 55,000円(税別)、デジタル教材 $197(PADIサイトで購入)

3、日程 2日

4、参加資格 ジュニア 12歳以上、一般 15歳以上、アドバンス認定

5、習得する内容 セルフレスキュー/トラブル解決/事故者の捜索/水中と水面でのレスキュー活動

1、概要 ディープダイビングやナイトダイビング、ナビゲーショントレーニングなど専門的な各分野について個別に学ぶコースです。

2、費用 コースにより異なる

3、日程 1日〜2日(コースにより異なる)

4、参加資格 コースにより異なる

5、主なテーマ PADI サイトをご覧ください

このグループのコースについて

 

それぞれのレベルで要求されるスキルを身につけていくのが、ここで紹介するコースです。コースで習う内容は、ほとんどの場合、参加者にとって初めて学ぶことです。最初はうまくいかないのが当たり前です。うまくいかないことも含めて楽しみながら、一つ一つ確実にスキルを身につけていきましょう。インストラクターがお手伝いします。

 

認定

認定レベルに到達していない状態で認定証を発行することはお客様を危険にさらすだけでなく、お客様とともに潜るダイバーたちをも危険にさらします。認定レベルに到達していないお客様に認定証を発行することは致しかねますので、このような場合は追加トレーニングへの参加をご検討ください。限られた日程で参加される方もいらっしゃるとは思いますが、ご理解とご了承をお願いします。

 

日程

当スクールをご利用になったお客様の多くが、無理なくコースを修了できる日程になっています。ただし、普段あまり運動されていないお客様や年配のお客様の中には予定時間で終了できないことがあります。ご心配なお客様は事前に日程をご相談ください。

PADI テック/リブリーザー・ダイバーコース

1、概要 単独潜水での安全を確保するためのノウハウを学ぶコースです。チームで潜水してもバディを組まないようなダイビングや、被写体に集中するカメラマンなどには必須のコースです。テクニカルダイビングのダイビングポリシーが生きています。

2、費用 講習費 55,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 1.5日

4、参加資格 18歳以上、アドバンス認定、100回以上の潜水記録

5、習得する内容 潜水計画/準備/単独潜水技術

1、概要 初めてリブリーザーを使うダイバーや、比較的浅い海域で長時間の潜水をするダイバー向けのコースです。リブリーザーの基本装備で潜り、敏感な水中生物の撮影などに威力を発揮します。

2、費用 講習費 190,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 4日

4、参加資格 18歳以上、オープンウォーターダイバー認定、ナイトロックス認定、25回以上の潜水記録

5、習得する内容 リブリーザーの仕組み/組み立てと分解/保守点検/自動制御リブリーザーダイビングの技術/潜水計画

1、概要 リブリーザーを使って18m以上の水深まで行くダイバーのための追加トレーニングコースです。緊急用のOCシリンダーを追加し、最大水深40mまでの減圧停止不要潜水ができるようになります。

2、費用 講習費 150,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 3日

4、参加資格 18歳以上、リブリーザーダイバー認定、30回以上の潜水記録、※ アドバンス認定

5、習得する内容 オフボードベイルアウトシリンダーの準備/保守点検/自動制御リブリーザーダイビングの追加技術/潜水計画

※ アドバンス認定について:受講開始時に認定は必要ありませんが、本認定を受けるときまでには一般的なアドバンス認定が必要となります。コース終了後にリブリーザーを使ったアドバンスコースを受けることもできます。

1、概要 リブリーザーダイバーコースとアドバンスド・リブリーザーダイバーコースの合併コースです。

2、費用 講習費 250,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 5日

4、参加資格 18歳以上、アドバンス認定、ナイトロックス認定、30回以上の潜水記録

5、習得する内容 リブリーザーダイバーコースとアドバンスド・リブリーザーダイバーコースに含まれる全内容

1、概要 リブリーザーを使っての減圧潜水ができるようになります。希釈ガスには空気を使用しますので40mまでの潜水が推奨されます。

2、費用 講習費 300,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 5日

4、参加資格 18歳以上、レスキューダイバー認定、ナイトロックス認定、30回以上の潜水記録

5、習得する内容 リブリーザーの仕組み/組み立てと分解/保守点検/自動制御リブリーザーダイビングの技術/手動制御リブリーザーダイビングの技術/減圧トレーニング/潜水計画

1、概要 2種類の呼吸ガスを使用して40mまでの範囲で10分以内の減圧潜水を計画、実施できるようになります。

2、費用 講習費 120,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 2.5日

4、参加資格 18歳以上、アドバンス認定、ディープ認定、ナイトロックス認定、10回以上のナイトロックス潜水を含む30回以上の潜水記録

5、習得する内容 テクニカルダイビングの知識/追加シリンダーの組み立てと分解/保守点検/減圧トレーニング/潜水計画

1、概要 空気と酸素を使用して45mまでの範囲で無制限の減圧潜水を計画、実施できるようになります。

2、費用 講習費 120,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 2.5日

4、参加資格 18歳以上、Tec40ダイバー認定、レスキュー認定、12回以上のナイトロックス潜水と6回の30m以深への潜水を含む50回以上の潜水記録

5、習得する内容 テクニカルダイビング追加の知識/完全なテクニカル器材の組み立てと分解/保守点検/減圧トレーニング/潜水計画

1、概要 空気と高濃度ナイトロックス、酸素を使用して50mまでの範囲で無制限の減圧潜水を計画、実施できるようになります。

2、費用 講習費 140,000円(税別、申請料を含む)

3、日程 2.5日

4、参加資格 18歳以上、Tec40ダイバー認定、レスキュー認定、20回以上のナイトロックス潜水と10回の30m以深への潜水を含む100回以上の潜水記録

5、習得する内容 テクニカルダイビング追加の知識/完全なテクニカル器材の組み立てと分解/保守点検/減圧トレーニング/潜水計画

このグループのコースについて

 

このグループのコースでは特殊なダイビング技術を学びます。もちろん楽しみながら学べるものですが、「参加条件」に記載されている認定レベルに参加者の技術が伴っていない場合は日程内でコースを終えられないことがあります。その場合は追加のトレーニング費用が発生しますので、認定レベルに見合った技術が身についていることを確認してからご参加ください。

 

認定レベルに実際の技術が伴っていない例:

  • オープンウォーターダイバー認定があるのに中性浮力がとれない
  • アドバンス認定があるのにホバリングができない、潜水計画が立てられない
  • レスキュー認定があるのに水面での呼吸管理ができない
  • ナイトロックス認定があるのに正しくガスを測定できない など

 

認定

認定レベルに到達していない状態で認定証を発行することはお客様を危険にさらすだけでなく、お客様とともに潜るダイバーたちをも危険にさらします。認定レベルに到達していないお客様に認定証を発行することは致しかねますので、このような場合は追加トレーニングへの参加をご検討ください。限られた日程で参加される方もいらっしゃるとは思いますが、ご理解とご了承をお願いします。

 

このコースを目指すみなさまへ

無駄な時間と費用をかけないためにも、信頼できる(ダイビングのリスクをきちんと認識した)PADIインストラクターからトレーニングを受け、スキル低下を防ぐためにダイビングを続けておいてください。

PADI プロコース

1、概要 PADI プロコースの入り口であるこのコースで新たなダイビング技術を学ぶことはありません。リーダーとしての各種能力が評価され、プロとしての管理技術や運営技術を身につけます。

2、費用 講習費 270,000円(税別)、教材・ダイブマスタークルーパック 40,113円(税別)、PADI 申請料22,170円(税別)

3、日程 8日

4、参加資格 18歳以上、レスキュー認定、現在有効なEFR認定、40回以上の潜水記録

5、習得する内容 講習のアシスト技術/ダイビングの監督技術/ダイブマスターが実施できるプログラムの開催方法/リスクマネージメント/プロスタッフ教育

 

※ コースの初めにダイビング技術/レスキュー技術/水泳能力テストがあります。技術不足に関しては合格点に到達できるようにインストラクターがお手伝いできますが、水泳能力は短期で修正することができません。準備してご参加ください。

1、概要 IDC はプロフェッショナルインストラクターとしての指導技術とビジネススキルを身につけるコースです。コース終了後は2日間で実施されるPADI IE(インストラクター評価試験)に参加することができます。IE に合格するとPADI インストラクターに認定されます。

2、費用 講習費 250,000円(税別)、教材・IDCクルーパックを各自購入、PADI 申請料

3、日程 6日(1日の予備日を含む)

4、参加資格 18歳以上、ダイブマスター認定、現在有効なEFR認定、ダイバー認定を受けて6ヶ月以上経っている

5、習得する内容 PADI OWSI が実施できる全コースの指導技術/リスクマネージメント/プロスタッフ教育

1、概要 PADI プロコースの入り口であるこのコースで新たなダイビング技術を学ぶことはありません。リーダーとしての各種能力が評価され、プロとしての管理技術や運営技術を身につけます。

2、費用 講習費 270,000円(税別)、教材・ダイブマスタークルーパック 40,113円(税別)、PADI 申請料22,170円(税別)

※ 

3、日程 8日

4、参加資格 18歳以上、レスキュー認定、現在有効なEFR認定、40回以上の潜水記録

5、習得する内容 講習のアシスト技術/ダイビングの監督技術/ダイブマスターが実施できるプログラムの開催方法/リスクマネージメント/プロスタッフ教育

 

※ コースの初めにダイビング技術/レスキュー技術/水泳能力テストがあります。技術不足に関しては合格点に到達できるようにインストラクターがお手伝いできますが、水泳能力は短期で修正することができません。準備してご参加ください。

1、概要 IDC はプロフェッショナルインストラクターとしての指導技術とビジネススキルを身につけるコースです。コース終了後は2日間で実施されるPADI IE(インストラクター評価試験)に参加することができます。IE に合格するとPADI インストラクターに認定されます。

2、費用 講習費 200,000円(税別)、教材・テックディープインストラクターマニュアルを各自購入、PADI 申請料7,200円(税別)

3、日程 5日(1日の予備日を含む)

4、参加資格 18歳以上、更新済みのOWSI, EANI, DDSI資格、最低100ダイブ以上のログブックで証明できる潜水記録(そのうち少なくとも20ダイブはエンリッチドエアーナイトロックスを使用。25ダイブは18m以深の潜水であり、そのうちの少なくとも15ダイブは30m以深の潜水であること)

5、習得する内容 PADI Tec Deep コースを実施するための技術と資格

1、概要 PADI プロコースの入り口であるこのコースで新たなダイビング技術を学ぶことはありません。リーダーとしての各種能力が評価され、プロとしての管理技術や運営技術を身につけます。

2、費用 講習費 180,000円(税別)、教材・リブリーザーインストラクターガイドをPADIから購入、PADI 申請料7,200円(税別)

3、日程 2日

4、参加資格 18歳以上、更新済みのPADI OWSI, EANI, DDSI の各認定、150回以上の潜水記録(30回以上、30時間以上のMk6/SE7ENでの潜水記録を含む)

5、習得する内容 PSEIDONリブリーザーを使用したリブリーザーダイバー/アドバンスドリブリーザーダイバーを教えるための技術と資格

 

※ コースではリブリーザーでのダイビング技術評価があります。

このグループのコースについて

 

このグループのコースではプロフェッショナルなダイビング指導員を養成します。PADI コースの指導方法はもちろん、プロフェッショナルとしての姿勢、付帯業務も学びます。このグループも「参加条件」に記載されている認定レベルに参加者の技術が伴っていない場合は日程内でコースを終えられないことがあります。その場合は追加のトレーニング費用が発生しますので、認定レベルに見合った技術が身についていることを確認してからご参加ください。

 

認定レベルに実際の技術が伴っていない例:

  • オープンウォーターダイバー認定があるのに中性浮力がとれない
  • アドバンス認定があるのにホバリングができない、潜水計画が立てられない
  • レスキュー認定があるのに水面での呼吸管理ができない
  • ナイトロックス認定があるのに正しくガスを測定できない など

 

認定

プロとしての認定レベルに到達していない状態で認定証を発行することは致しかねます。このような場合は追加トレーニングへの参加をご検討ください。限られた日程で参加される方もいらっしゃるとは思いますが、ご理解とご了承をお願いします。

 

このコースを目指すみなさまへ

無駄な時間と費用をかけないためにも、信頼できる(ダイビングのリスクをきちんと認識した)PADIインストラクターからトレーニングを受け、スキル低下を防ぐためにダイビングを続けておいてください。