下地島空港17エンド

南の島

伊良部島と下地島にまたがるサンゴ礁に囲まれたインリーフは浅くて穏やかな海になっています。この海には下路空港から張り出した誘導灯が並び、独特な風景を作り出しています。この海は大型のカメの生息地でもあります。

この海の楽しみ

紺色の外洋からリーフに入ると「わーっ、きれい!」とほとんどのお客様が叫んでいます。17エンドのあるサンゴ礁の楽しみ方をご紹介しましょう。

17endのある風景

「日本一美しい桟橋」と評されるRW17の誘導灯が、美しいサンゴ礁に張り出している不思議な風景があります。時々離着陸する飛行機にとって、あなたも風景の一部となります。

穏やかな風と溢れる太陽

春夏秋は風が穏やかな日が多くなり、17endにも出かけやすくなります。リーフ近くに船を止めて、そよ風に吹かれているだけで幸せになってしまいます。シュノーケリングをしたり、冷えた体を太陽で温めたり。

広い海を独り占め

17エンドの浅い海にダイバーはやってきません。この海は宮古島の主要な港から遠く、美しさがまだあまり知られていないためほとんど訪れる人はいません。素晴らしいサンゴと透明度の良い海を独り占めしましょう。

真っ白な砂とサンゴ

シュノーケリングしていると自分の影が水底に写っていることに気づくかもしれません。この海の水底は全てサンゴからできた砂で覆われています。RW17付近は真っ白い砂地になっていて、沖合のリーフに向かって徐々にサンゴが増えていきます。

17エンドとは?

17エンドとは下地島空港滑走路の北端部のことです。 下地島空港は1979年にパイロット訓練用として開港しました。滑走路の長さは3000mで宮古島空港の2000mより長く、大型機が離着陸できる設備になっています。 この滑走路はほぼ南北に伸びており、飛行機が北側から空港に侵入する際、その方位が170度(真南は180度)となることからこの滑走路を Run Way 17 と呼ぶそうです。この滑走路の北端部は下地島北側に広がるサンゴ礁の一部を埋め立てて作られており、写真にあるようなオレンジ色の誘導灯が長くサンゴ礁に張り出しているのが特徴です。 サンゴ礁の美しいグラデーションを背景にした誘導灯は日本一美しい桟橋と呼ばれているそうです。

17エンドはこんなところ

17end
17end
17end
17end
17end
17end