Martin Robson

私たちのテクニカルダイビングのスーパーバイザーであるMartin Robson氏をご紹介します。弊社、東浦インストラクターのリブリーザーインストラクターコース、リブリーザーインストラクタートレーナーコース、TecCCRコース、TecCCRインストラクターコースはMartin氏が担当してくれました。今後も日本の熱心なリブリーザーダイバーのために来日していただく予定です。

TEKDiveUSAより Martin Robson氏の紹介文を抜粋

https://tekdiveusa.com/speaker/martin-robson/

About Martin Robson
Martin Robson, a former Royal Marine Commando, began diving with the military in his late teens. He is now one of the best qualified Tec Diving Instructor Trainers in the world, teaching courses with PADI, IANTD and both of the major Cave Diver training agencies, NACD and NSS-CDS.

As well as cave diver and rebreather training, Martin is a consultant for the new PADI Rebreather and Sidemount courses and is currently conducting Instructor and Instructor Trainer courses to launch these new PADI rebreather programmes. He is also a co-author of the PADI Rebreather and Tec CCR manuals

Martin has worked for the UNESCO Maritime Archaeology Department recovering artefacts from un-dived wrecks as deep as 180m that are too delicate for recovery by ROV. He has also been a safety diver supervising underwater film crews.

Following the death of a friend from Carbon Monoxide poisoning, Martin was asked to be an ambassador for a major gas analyser manufacturer and is working with them to promote the need to analyse diving gasses by giving seminars and presentations at events such as DEMA and other major dive shows.

Martin's main passion is cave exploration and diving in extreme environments. Recently he has been exploring one of the largest karst springs in the world to depths beyond 200m in very cold water in an attempt to discover if a cave system is present and to locate the source of the water.

 

マーティンロブソン氏について

 

元英国海兵隊コマンドー (Royal Marine Commando) だったマーティン・ロブソン氏は、10代後半で軍隊に入るとともにダイビングを始めました。現在、彼は世界で最も優れた資格を持つテックダイビングインストラクタートレーナーの1人であり、PADI、IANTD、および主要なケーブダイバートレーニング機関のNACD、NSS-CDSを教えています。

 

ケーブダイバーとリブリーザートレーニングと同様に、マーティン氏は新しいPADIリブリーザーとサイドマウントコースのコンサルタントでもあり、現在はこれらの新しいPADIリブリーザープログラムを開始するためにインストラクターとインストラクタートレーナーコースを実施しています。彼はまた、PADI Rebreatherマニュアルおよび、TecCCRマニュアルの共著者でもあります。

 

マーティン氏はUNESCO Maritime Archeology Departmentのために、ROVによる回収があまりにも困難な、水深180mほどの難破船からの遺物を回収しています。彼はまた、水中映画のクルーを監督するセーフティダイバーでもありました。

 

一酸化炭素中毒の友人が死亡したのち、マーティン氏は大手ガス分析装置メーカーの代表に尋ねられ、DEMAやそのほかメジャーなダイビングショーのようなイベントでセミナーやプレゼンテーションを行い、ダイビングガスを分析する必要性を啓蒙するために協力して活動しています。

 

マーティン氏が最も情熱を込めているのは極限環境での洞窟探検とダイビングです。最近、彼は水深200mにも及ぶ非常に冷たい世界最大のカルスト湖のひとつに、ケーブシステムと水源があるかを探すための探検を行っています。