伊良部島・下地島マリンレジャー組合 レスキュートレーニング

 |  | 

宮古島のダイビング協会の中で伊良部島と下地島をまとめている「伊良部島・下地島マリンレジャー組合」のメンバーによるレスキュートレーニングが行われました。

 

佐良浜港に集合し、「ゆうむつ」さんに船を出していただき、イノーと呼ばれるサンゴ礁内のエリアに出かけました。

イノーとは方言でサンゴ礁池のことです。

リーフに囲まれた内側で、普段はうねりもあまり入らず静かな場所です。

 

ただし、今日は北うねりが残っており、リーフを超えて打ち込む波のせいでイノーの中にはゆっくりとした流れができていました。むむむ、トレーニング以外に流されないように泳ぎ続けるというおまけ付きではありませんか。

 

水面でのパニックダイバーへの対応から始まり、水底からの意識不明ダイバーの引き上げ、水面手順、船への引き上げとトレーニングは続きます。

 

でも、さすがにインストラクター集団です。

みんなきっちり手順に従い、仕事が早い早い。

 

事故を未然に防ぐのが私たちの仕事ですが、備えあれば憂いなし。

これなら安心してオンシーズンを迎えられることでしょう。